2019年 2月 20日 (水)

仲が良すぎ!? 高橋英樹・真麻ファミリー、親子そろって熱中症に

印刷

   フリーアナウンサーの高橋真麻(36)が熱中症の特集番組に生出演中、熱中症に見舞われ、スタッフに助けられるハプニングが起こった。

   真麻は23日(2018年7月)にブログを更新。この日朝、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」に出演していたが、放送中に「熱中症のような症状」が出て、スタッフのとっさの対応で救われたことを明かした。

「熱中症の特集番組」出演中に熱中症でフラフラに

   ブログによると、真麻は「生放送中に症状が出てしまった瞬間があり。スッキリのスタッフさん達の咄嗟の対応で放送は大丈夫でしたが、ご迷惑と御心配をおかけしてしまいました」と謝罪した。原因については、「昨夜、水分を取らないままクーラーをかけない部屋に居たからでしょうか」と振り返った。

   そして、「熱中症を注意喚起する立場のわたしが熱中症になってしまい、本当にお恥ずかしい限りです」を反省した。

   すると、一夜明けた24日、今度は真麻の父親で俳優の高橋英樹(74)が、「えっ?真麻も?熱中症?!」のタイトルでブログを更新。「私は金沢ロケ中ですが、真麻関連のニュースで熱中症症状だったとのこと!我が家は先日、奥さんが脱水症状、熱中症で入院したばかりですから大変心配しました」と、妻の亜紀子さん(70)も熱中症で入院していたことを明かした。

   最後に「本当に東京も猛暑で。日本中の皆さん!気をつけましょう!」と呼びかけたが、このファミリー、仲がいいんだか、それとも...(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中