2019年 2月 24日 (日)

高校相撲部「飯炊き」1日米5升、おかず1万6000円!不満顔見せず一人で賄いの監督夫人に頭下がった
<追跡LIVE! SPORTSウォッチャー>(テレビ東京系)

印刷

   プロの世界では御嶽海で盛り上がっている折も折、こちらの密着ルポは新潟県立海洋高校相撲部の日常だった。総監督の自宅は、昔、旅館だったので、そこを合宿所にして相撲部の少年たちが寝起きしている。奥さんは3度の飯炊きにきりきり舞い。監督夫妻には子供がいないので、相撲部のメンバーがすべて夫妻の子供である。

   1日に米は5升がなくなる。巨大なデブちゃん体型の部員は、どんぶりに山盛りのご飯を10杯(!)も食う。朝ご飯を食べさせて彼らを送り出すと、奥さんは車を運転してスーパーへ買い物に行くのだが、1日分の副食材料費が16,000円! 全員にカラフルな弁当を持たせて、これも手作り。知的で美人の監督夫人は「みんなが相撲に一途で可愛い」と不満顔一つしない。頭の下がる賢婦人ぶりだ。

   102回の全国高校相撲大会に出場して優勝したかったのだが、強豪の埼玉栄高校が今回も優勝して、応援に行っていた総監督や奥さんもがっかり。筆者は大相撲もあまり見ない無関心ぶりだったので、こんな世界があるとは全く知らなかった。サッカー全盛のこの時代に、昔ながらの刻苦勉励、稽古に励む相撲少年が沢山いるとは、目からウロコである。

   こういう密着ものは、往々にして食い足りないか媚び過ぎか、不満が多いものだが、今回の密着ルポは、素晴らしい総監督夫人のキャラクターのお蔭で、見応えがあったのである。もう少し詳しく部員たちの言葉を聞きたかった気もするが・・・。(放送2018年7月21日23時~)

   (黄蘭)

採点:0.5

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中