2019年 7月 22日 (月)

そんなに儲けてたの?大阪城公園たこ焼き売店「宮本茶屋」巨額脱税

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   大阪城公園にあるたこ焼き店「宮本茶屋」が巨額脱税をしていたとして、店主の宇都宮タツ子被告(72)が起訴された。おととし(2016年)までの3年間、3億3000万円の所得をいっさい申告せず、約1億3000万円、たこ焼き換算で170万個分を脱税した疑い。

   宇都宮は「申告の必要があると思っていなかった。今後はきちんと納税する」と代理人を通して話しており、1億3000万円はすでに納付されたという。40年前に開店して、これまで1度も所得税を払ったことはなかった。

外国人観光客に大人気

tv_20180726130342.jpg

   大阪城では外国人観光客が増えていて、天守閣に通じる門の前にある「宮本茶屋」は人気だった。

   司会の加藤浩次「全然、外国人、関係ないですね」

   坂口孝則(経営コンサルタント)「単なる脱税の話ですね」

   榊原郁恵(タレント)「申告しないとねえ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中