2019年 2月 23日 (土)

SNS・口コミで人気拡散中!制作費300万円の「ヤバすぎるゾンビ映画」

印刷

   制作費300万円というインディーズ映画「カメラを止めるな!」が異例のヒットになっている。映画ライターのよしひろまさみち氏は「学生さんが作ったんですか?、みたいな、どこの方か存じない方々が出てて、これだけはねるのは初めてかもしれない」という。

   先月(2018年6月)の公開当初は2館のみの上映だったが、SNSや口コミで「ヤバすぎるゾンビ映画」と話題になり、上映館が8館に拡大した。どこも連日満席で、今後は86館に拡大予定だ。

監督メッセージ「現実とフィクションの入り混じった世界」」

tv_20180727123142.jpg

   脚本も手がけた新人の上田慎一郎監督は「現実とフィクションが入り混じった2度と撮れない映画にしたかった」と話す。

   司会の加藤浩次「(番組で流した)VTR見ても、『どういう映画!?』と視聴者の方は思ったかもしれないけど、それは言えない何かカラクリがあって、見に行ってくださいってことになっています」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中