2019年 7月 22日 (月)

「台風12号」強い勢力保ったまま関東接近!湿った空気たっぷり含んで大雨

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   台風12号が通常とは異なり、東から西に逆進して西日本を縦断するおそれが強まっている。28日(2018年7月)夜から29日にかけて本州に上陸するのは間違いないが、本州のどこに上陸するのか。

   気象予報士の天達武史によると、ポイントは12号が北緯30度と東経145度線が交差する西側を通過すると東海地方に上陸、東側を通過すると関東の上陸と予想できるという。東海上陸コースが7割、関東上陸は3割。東海コースをたどると、さらに西寄りに進路を変えて岡山、広島の豪雨被災地を縦断する可能性が高いという。

東日本から西へ逆コース

tv_20180727143904.jpg

   12号は雨台風だ。「海水温の高いエリアを進んでくるため、強い勢力を保ったまま上陸します。湿った空気をたっぷり含んでいるため、広い範囲で大雨の注意が必要です」(天達)

   予想される雨量は、関東から東海地方で300~400ミリ、西日本では100~150ミリ。

   司会の小倉智昭「台風って、普通は西から東への進路だったのに、東から西に逆行する経験ってありましたかね」

   天達「逆に進むというケースは過去に例がないので、予想が難しくなっているのです」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中