2019年 2月 16日 (土)

東から西へ進んだ異例の台風12号 今後、数年に一度はたちの悪い台風が来る?

印刷

   東から西へ進むという異例のコースをたどった台風12号。

   加藤浩次キャスター「通常の台風とは逆行する動きで、被害もふだん出てないところで出たりしていましたね」

1951年に統計取って以来、初のケース

tv_20180730123247.jpg

   スッキリによると、明日31日(2018年7月)にかけては九州の南で迷走、停滞する予想だ。

   気象予報士の松並健治「九州、四国で大雨が続くおそれがあり、厳重な警戒が必要です」

   橋本五郎(読売新聞特別編集員)「1951年、統計取って以来、上陸した台風で東から西に来たことはないんだそうです。それなのに、なんで今回、こういうことになったのか」

   松並「太平洋高気圧が、東西に割れることで、その間を北に行った。日本の北側には太平洋高気圧があり、寒冷渦というものがあったので西に進んだ。いろんな偶然が重なった」

   2年ほど前にも、東北地方で東から西へ上陸したケースがあった。

   「今後、数年に一度ぐらいは、こういう偶然がやってくる恐れがある」(松並)

というから怖い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中