2019年 5月 22日 (水)

ダイエットしたいけどお肉も食べたい・・・羊肉の人気上昇!「ふるさと納税」で手に入れろ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ナレーションの野沢雅子「実はいま羊肉ブーム。牛、豚、鶏肉に続く、第4の肉として話題なんです」

   羊肉には、脂肪の消費を助ける「カルニチン」という物質が多く含まれ、ダイエットしたいが肉もたくさん食べたい、という女性を中心に人気なのだという。かつては、臭みがあり固いというイメージだったが、最近は品質が向上し食べやすくなっている。

「北海道遠別町」農業高校で生産して返礼品に

   そんな羊肉の生産に力を入れているのが北海道の遠別町だ。人口およそ2700人の小さな町で、遠別農業高等学校が羊肉の生産を手掛けている。3学年合わせて生徒数59人。日本最北の小さな農業高校で、授業の一環で36頭の羊の出産から出荷までを担当している。育てられた羊の肉は、月1回開店する校内のマルシェで売られ、たちまち売り切れてしまう。

   この肉をもっとPRできないか。町長が考えたのは、「ふるさと納税」の返礼品にすることだった。これが大変な反響で、2014年は約659万円だった寄付金が、2015年には19倍の約1億3026万円に急増した。

   集まった寄付金で、町民に結婚祝い金20万円、出産祝い金15万円を支給し、高校生以下の医療費を無料にした。遠別農業高校でも、生徒が使うタブレットPCや教室に設置する大型モニターを寄付金で購入した。

   千葉美乃梨アナ「今年度のふるさと納税の受け付けはまだ始まっていない段階で、いつ始まるかは、ふるさと納税のホームページを随時チェックしてください」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中