2019年 7月 23日 (火)

熱夏で野菜急騰!「こんなの初めて」(スーパー)、「トマトひび割れ」(農家)

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   気象庁が「異常気象」と呼ぶ猛暑で野菜の生産量が減少し、価格が高騰している。東京都練馬区のスーパー「アキダイ」では、普段は4本100円のキュウリが158円、1袋128円のインゲンは倍近い250円となっている。

   「この業界で30年以上やっていますが、この時期にこれだけ野菜が高くなったのは初めてです。野菜の高騰は今後1か月以上続くのではないでしょうか」と秋葉弘道社長は言う。それでもこの店は安い方だ。

   練馬区のすずしろ農園では、猛暑のためトマトの葉が枯れ、実もひびが入ってしまった。表面の色があせてしまったナスや曲がったキュウリも出荷できず、収入は2割減という。

キャベツやレタスも「芯が溶け茶色く変色」

tv_20180802114423.jpg

   葉物野菜も大きな被害を受けており、キャベツは例年の2倍以上、レタスも1.5倍に高騰している。長野県小諸市では、レタスが茶色く変色してしまった。アマリファームの甘利崇雄代表は「半分ぐらいは出荷できない。芯が溶けたような状態になっています」と困り顔だ。

   堀尾正明キャスター「私はぬか漬けをやっているのですが、今年はキュウリやキャベツはやめています」

   農業系アイドルとも呼ばれるTOKIOの国分太一(司会)「夏野菜だけでなく、今は秋冬の野菜を植える時期です。雨が降らないとそこにも影響が出ることが心配されます」

   そもそも、実を付けるべき夏野菜の花が咲かないという。

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中