2019年 7月 20日 (土)

ドランク鈴木、電車で聞いた自分の「悪口」受け止める 「全部当たっていた」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓が1日(2018年8月)、自身の悪口を言っている場面に遭遇したとして、ツイッターで感想を述べた。

   「電車に乗っていたら女性二人が芸人さんの悪口を言っていた!『何を素人が言っているんだ』と思った。よくよく聞いてみると本当に珍しく俺の話だった」らしく、

「指摘が認めたくないが全部当たっていた。視聴者は素晴らしいと思った」

と結んだ。

   この投稿に対し、

「悪口言ってもらえてるってことは、あなたに興味があるまたは少し期待してるってことですよ!」
「それを認められる貴方も素晴らしいと思いました」
「鈴木拓さんが意外とまともな人でビビった」

などのコメントが寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中