2018年 10月 21日 (日)

「上戸彩刑事失踪」の謎解きでどこまで引っ張れるか・・・やる気感じられるのに間抜けな演出・脚本は残念
<絶対零度~未然犯罪潜入捜査 第1回~第4回>(フジテレビ系)

印刷

   ミハンとは未来の犯罪を予見して捜査するチームで、ボスの警部補・井沢範人(沢村一樹)は妻子を犯罪者に殺された過去を持つ元公安の刑事だ。今回はキャリアの東堂定春(伊藤淳史)から真面目な銀行員の佐伯が事件を起こすと指摘されたので、井沢の部下の田村(平田満)と小田切(本田翼)が銀行に潜入していた。

   そこに予見通り銀行強盗が拳銃をもって押し入り、客はみんな人質になる。佐伯が強盗の一味ではないかと疑われ始めたが、佐伯は犯人に脅されて金庫室に入る。ここで長々とやり取りがある。間が抜けた演出の最たるものは、銀行の外はアリのはい出る隙もないほど警察官がSITともども包囲していて、大勢の人質もいるのに、犯人と佐伯が「あーだ、こーだ」と会話するのだ。一触即発の緊張感もないバカっぽい会話。演出だけでなく脚本も間抜けなのだ。

   メンバーの1人、巡査部長の山内(横山裕)は、元は特殊捜査班に属していた優秀な刑事で、ベトナムで殺されたバディの桜木(上戸彩)の謎を探りたく、警察の上部と対立している。要するに、誰と誰がまともな刑事かわからないほど人物が複雑に設定されていて、やる気は感じられるが、脚本も演出も未整理で不細工。

   視聴率が没落・月9にしては2桁いったので大喜びしているが、イマイチ垢抜けない警察ものだ。桜木の死の真相と、井沢の危険人物ぶりが暴かれる最終回まで、まあ、期待しないでみて見ようかい。(放送2018年7月30日21時~)

   (黄蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中