2018年 10月 17日 (水)

「名古屋40度」に気象キャスターザワつく 「猛暑日以上の名前が必要」

印刷

   テレビなどで解説を務める気象キャスターの森田正光斉田季実治(きみはる)が3日(2018年8月)それぞれツイッターを更新し、名古屋市で観測史上初めて気温40度を超えたことに驚きを露わにした。

   名古屋市出身で現在TBSなどに出演している森田は、気温ランキングを映したパソコン画面を見ている写真を添え、

「名古屋40.3度。みんなでビックリ!!」

とコメントした。

   また、NHKで気象キャスターを務める斉田は、

「名古屋で40.2度!(14:00) 1890年から観測をしていて、40度に達したのは初めて。もう真夏日、猛暑日の上に40度以上の名前が必要」

とその衝撃を綴った。

   この斉田の投稿に対しリプライ(返信)欄では、「酷暑日」「灼熱日」「激暑日」「極暑日」など新たな名前候補が挙げられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中