2020年 7月 4日 (土)

独裁追認のカンボジア総選挙!それでも生き続けている中田厚仁の「平和と民主主義を諦めない」

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   先月29日(2018年7月)に行われたカンボジアの総選挙は、与党の人民党が議席をほぼ独占した。フン・セン首相は選挙前、最大野党のカンボジア救国党の党首を国家反逆罪で逮捕し、解党に追い込んでいた。選挙とは言えない独裁追認のインチキで、欧米各国は強く非難しているが、そんな選挙でも、カンボジア国民が思いだす日本人の名前がある。「アツ」と親しまれた中田厚仁さんだ。

   生きていれば今年50歳。カンボジアで25年前、反政府勢力に撃たれて25歳で亡くなった国連ボランティアである。いま、「アツ」という名の村や学校がいくつもある。武田真一キャスターが「中田さんと同学年なんです」という。

殺害から25年・・・選挙監視の国連ボランティアで「国の将来をあなた方が決めるのです」

   カンボジアは1970年代のポル・ポト勢力の虐殺と泥沼の内戦を経て、1992年に国連が介入し、93年に初の選挙が行われた。日本も初めてPKOを派遣し、中田さんは選挙監視のボランティアに応募した。原点は父と訪れたアウシュビッツだったという。学生時代から「夢は世界を平和にすること」といっていた。

   中田さんが現地の人たちに選挙の意義を話す映像があった。「国の政治をどうやって決めますか。撃ち合って? 話し合って? それをあなた方が決めるのが選挙なんです」。笑顔で選挙登録の写真を撮っている姿もあった。

   まだ、ポル・ポト派と政府軍の武力衝突は続いていた。中田さんはその最先端の村が大事だと、プノンペンから200キロ離れたコンポントム州に入った。自ら撮った映像で「500メートル先はポル・ポト派の村です。先ほど銃声がしました」などと話していた。選挙に反対のポル・ポト派からは、選挙事務所に「攻撃予告」など脅迫が続いていた。

   大学の後輩で、中田さんの恋人だった小林真理子さんにあてた15通の手紙には、「厳しい土地に派遣されて本当に良かった」「開けゴマ。念ずれば必ず望みは叶う」「もうだめだと思うこともありますが」などとあった。

   電話もあった。小林さんは「声の緊張感が普通じゃなかったです。追い詰められていたと思います」と話した。その2日後の4月8日だった。中田さんは車で移動中に拉致・監禁され、頭を撃たれた。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中