2018年 8月 18日 (土)

「山根会長の辞任は納得いかない」テリー伊藤!あれでは疑惑にフタ

印刷

   「本日をもって辞職をいたします」と日本ボクシング連盟の山根明会長(78)はきのう8日(2018年8月)、表明した。質問はなく、わずか3分の会見だった。「辞職した」とはいうものの、やめたのは会長だけで、理事としては残るのか。この点を聞かれると、無言で2本の指を立てた。では、両方なのか。

   司会の国分太一が「きのうの表明、どう思われましたか」と、「日本ボクシングを再興する会」の宮崎県ボクシング連盟の菊池浩吉副会長に聞く。「多くの質問がありましたが、何も答えないまま辞任し、しかも、辞任の意味が理解できませんでした」

告発派も「まだ大きな影響を発することができます」

tv_20180809132201.jpg

   キャスターの堀尾正明「山根会長は、話したくてしようがないという人なのに、きのうに限って、ああいう形で終わると、男の花道とか、カリスマとか、言っているわりには残念、だらしないなと思いましたね。告発にも反論すべきでした」

   国分「辞任の意味をどう思いますか」

   菊池副会長「会長職だけを辞任されたということになれば、地方連盟に名前が残ります。まだまだ大きな影響を発することができます」

   テリ―伊藤(テレビプロデューサー)「(本人から)辞任させるべきではなかった。本来なら解任ですよ」

   辞任はしたが、火ダネはまだ残っている。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中