2018年 10月 21日 (日)

<1年前のワイドショー>さだまさしの名曲「精霊流し」長崎に行ってみると・・・ド派手なお盆イベントだった!

印刷

   今週15日(2018年8月)の旧盆に長崎では精霊流しが行われるが、さだまさしの同名の名曲とは大違いだという。さだの曲は悲しげな静かなメロディーだが、実際は提灯や花などで華やかに飾りつけをした精霊船を、爆竹を鳴らしてド派手に送り出す。見物には耳栓がいるという大騒ぎなのだ。

   小さな船にろうそくを立てて流すのは「灯篭流し」で、テレビ朝日系「モーニングショー」は<知ってた?「精霊流し」と「灯篭流し」大違い!さだまさしの歌とイメージ異なる?>と、この勘違いを取り上げた。

   さだは事故で亡くなったいとこをしのんで、あのようしめやかな曲想になったが、よく聴くとイントロに爆竹の音が入っている。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中