2019年 2月 16日 (土)

阿波踊り「総踊り」中止で見物席ガラガラ!市長と振興会こじれたまま開催

印刷

   徳島の阿波おどりがきのう12日(2018年8月)から始まったが、「総踊り」が中止となり、チケットの売り上げは大幅にダウンした。阿波おどりは4日間、市内4か所の会場で踊り、その日の最後に全員が集まる「総踊り」がクライマックスだ。

   ところが、遠藤彰・徳島市長は累積赤字の解消のため、今年は「総踊り」を中止して、フィナーレを4つの会場に分散することを決めた。これに反発する阿波踊り振興会とこじれたまま開催となった。

チケット半分近くが売れ残り

tv_20180813124553.jpg

   蓋を開けたてみると、初日のチケットの売り上げは4会場合計で54.23%と、半分近くが売れ残ってしまった。見物席はガラガラだ。住田裕子(弁護士)は「総踊りをやめたことは、どうも失敗だったらしいですね。イメージダウンで、客が逃げてる面があるのではないですか」

   タレントの石原良純「看板も減っちゃってる」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中