2019年 2月 21日 (木)

山根明氏 「関西連盟」「奈良連盟」会長も辞任!本当にボクシングから身を引く?

印刷

   けさ16日(2018年8月)のスポーツ報知の記事をもとにビビットが伝えるところによると、日本ボクシング連盟の山根明前会長は関西ボクシング連盟会長、奈良県ボクシング連盟名誉会長も辞任することを表明したという。連盟そのものからも脱退するという。

   「日本ボクシングを再興する会」の鶴木良夫代表は、山根氏が今後も影響力を持つことがないように、理事全員も総辞職する方向で固まったと話したという。

理事も総辞職

tv_20180816123736.jpg

   司会の国分太一「ボクシング連盟がどう変わっていくか、見守んなきゃいけないですよね」

   テリー伊藤(タレント)「現在の理事が、じつは今回のアジア大会にも行ってるんです。戻ってきてどうするか。ここは問題ですよね」

   堀尾正明キャスター「2度と混乱が起きないような組織作りを、全員で考えていかなきゃいけないと思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中