2019年 2月 22日 (金)

怖すぎて公開停止?「死霊館」予告編!突然迫ってくる恐顏・修道女

印刷

   人気ホラー映画シリーズ「死霊館」の最新作となる「死霊館のシスター」のhttps://www.youtube.com/watch?v=pzD9zGcUNrwのYouTube上の広告動画が「怖すぎて、削除された」などと話題を呼んでいる。

   9月21日(2018年)に全国公開の「死霊館のシスター」はシリーズ5作目で、「シリーズ最恐」をうたい文句にしている。問題の動画は広告として自動的に表示されるもので、いわゆるトレーラー(予告編)とは異なる、たった6秒間の映像だ。

   初めは白黒の音量ボタンのみが表示され、音量がミュートになった途端、大きな音とともに、恐ろしい顔をしたシスター(修道女)が迫り来る。人を驚かす際によく見られる「jump-scare」というおなじみの手法を用いているが、ユーザーが強制的に閲覧させられる広告ということもあって、その是非などをめぐり、ツイッターなどで騒がれている。

「誰かが心臓麻痺起こしたら・・・」

   ユーチューブ側は動画公開から数日後に、規約違反に当たるとして公開を停止した。すると、今度は「怖すぎて削除された動画」として、ユーチューブほかで二次拡散されて、また話題に。

   視聴者からは「これは逆にいい宣伝になったのでは」「もしスキップできない広告で誰かが心臓麻痺を起こしたら、ユーチューブは訴えられるかもね」「10歳の子供がキッズ向け動画を見ようとして、これを見てしまったら」などといったコメントが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中