2019年 3月 26日 (火)

アジア大会で日本勢メダルラッシュ 「夢の8冠」を狙う池江璃花子まず1冠ゲット

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「アジア大会初日で、日本はなんとメダルを14個獲得ということで。活躍が見られました」(ビビット司会の国分太一)

   インドネシアで一昨日の18日(2018年8月)、開幕したアジア大会でニッポン勢が競泳、レスリング、フェンシングなどで20日朝現在14個のメダルを獲得した。

池江選手「チームみんなで戦った金メダルだからうれしい」

   19日からはじまった競泳では、ニッポン競泳陣が金3個、銀5個、銅1個の合計9個のメダルラッシュ。「夢の8冠」を狙う女子高校生の池江璃花子選手らが出場した女子4×100メートルリレーではライバルの中国を破り、3分36秒52の日本新記録で優勝。池江選手は今シーズン21回目の日本記録更新だ。

   池江選手は「自分自身、リレーが一番初めという意識があまりなくて、焦る気持ちは少しあったが、チームみんなで戦えて、金メダルをとれてすごくうれしい」と語った。8冠への幸先のいいスタートを切った形だ。

   また、男子200メートルバタフライで瀬戸大也選手が、競泳女子100メートル平泳ぎで鈴木聡美選手がそれぞれ金メダルを獲得した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中