2019年 10月 15日 (火)

悲願「白川の関越え」なるか 金足農の快進撃に、東北各地で「おめでとう」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   20日(2018年8月)の甲子園(全国高校野球選手権大会)準決勝で、金足農(秋田)が日大三高(西東京)を2-1で下し、秋田県勢としては第1回大会(1915年)の秋田中(現・秋田)以来103年ぶりの決勝進出を決めた。

「同じ東北の人間として...」

   東北6県は甲子園での優勝経験が1度もない。真紅の優勝旗の「白河の関越え」は、東北勢全体の悲願だ。それだけに金足農の快進撃には、秋田だけでなく東北ゆかりの著名人や企業からも感謝や激励の反応が相次いでいる。

   試合終了直後、岩手県広聴広報課のツイッターアカウントは、「金足農業 祝!決勝進出!!!」と切り出し、

「同じ東北の人間として、東北勢初の優勝を心から願っています。#深紅の大優勝旗 を東北へ!頑張れ!金足農業!」

とエール。また、NHK福島放送局も、「決勝進出おめでとう!!白河の関でお待ちしております」とツイートしていた。

   また、宮城県出身のお笑い芸人、狩野英孝は試合直後のツイッターで、「秋田~~涙 金足農業おめでとう!!」と祝福。「中の人」が山形出身だというタカラトミーの企業アカウントも、

「ウオオオオオアアアーーーッ!!!アキタくーーーーん!!!!!金足農業が甲子園決勝進出だよーーーーー!!!!!!アキタくーーーーん!!!!!!!!!」

と興奮気味に反応。また、「仙台フィルハーモニー管弦楽団」もツイッターで、ハッシュタグ「#金足農業」をつけながら、

「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおあああああああああああああああああ泣いてません泣いてません泣いてません」

と「絶叫」していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中