2019年 9月 24日 (火)

Tシャツのヨレヨレ首周りが大復活! 簡単すぎる裏ワザを洗濯のプロが伝授

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   オールシーズン大活躍のTシャツだが、洗濯するとヨレヨレになりがち。特に首周りが型崩れしやすく、お気に入りのTシャツを泣く泣く部屋着に降格させた人も少なくないだろう。

   そんなヨレヨレTシャツを復活させる超簡単な裏ワザを、「洗濯ハカセ」こと神崎健輔さんが伝授した。

   ヨレヨレになったTシャツの首周りを束ねて握り、氷水につけて30秒~1分ほどユラユラさせる。水を絞る際は生地が伸びないように雑巾絞りせず、おにぎりを握るように絞るのがポイントだ。

   あとはTシャツを広げて平干しし、乾いたらアイロンで整えるだけで、新品同様のしっかりした首周りが復活する。

洗濯機にテニスボールを入れて生地の伸びを予防

   ただし、この方法が有効なのは綿100%などの天然素材のTシャツだ。化学繊維やゴムが入ったストレッチ素材などのTシャツは、伸びてしまうと戻すのが難しいので、日頃の取り扱いに気を付けなければならない。

   ヨレヨレを防ぐにはどうすべきか。

   神崎さん「洗濯機に普通に入れて洗うとヨレヨレになりやすい。洗濯機から出して干す時にもヨレヨレさせてしまう要因がたくさんあります」

   Tシャツは干す時が最も伸びやすい。首からハンガーを入れると、えりが伸びてヨレヨレになり、そのまま乾いてしまう。ハンガーはすそから入れよう。

   しわが付いたTシャツは引っ張って伸ばすと、生地が傷みやすくなる。伸ばす時は手で叩くとしわがよく伸び、生地も傷まない。

   洗濯機に入れる時は、他の衣類と絡まって水の中でTシャツが引き伸ばされ、ヨレヨレの原因になる。洗濯機にテニスボールを3個ほど入れてから回せば、ボールが衣類の間を動き回り、絡まり防止になる。

   副島淳リポーター「いい具合に服が1個ずつ取れますね」

   1回の洗濯で、テニスボールなしで洗ったTシャツの方が、ボールありで洗ったTシャツより、首周りもすそも1.5センチも伸びていた。テニスボールがない場合は、100円ショップなどで売っている洗濯用のボールを使ってもよい。

   特に首周りを伸ばしたくない人は、輪ゴムを使って洗濯しよう。

   Tシャツの首周りの前と後ろを合わせて端からクシュクシュと束ね、上から3センチくらいの部分に輪ゴムを3周ほどきつめに巻く。この状態で洗濯機に入れて洗えば、ヨレヨレが予防できる。

ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中