2019年 11月 16日 (土)

「W台風」20号もあす上陸・通過!日本海で19号と横並びになって局地的大雨

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ダブル台風接近で首都圏にも被害が出る恐れもあります」と司会の真矢ミキが伝えた。台風19号はきのう21日(2018年8月)、九州・奄美地方に最接近し、あす23日夜は台風20号が四国に上陸し、その後、日本海に抜けて、再び北海道に上陸する可能性もある。

   気象予報士の増田雅昭は「台風から少し距離がありますが、局地的な豪雨に見舞われる可能性があります」と、注意を呼びかける。

3年前には17・18号アベックで豪雨・鬼怒川決壊

tv_20180822124649.jpg

   W台風は過去には甚大な被害をもたらした。2015年、茨城県の鬼怒川が決壊し、家屋が濁流にのみ込まれた。台風17号と18号の両方から運ばれた湿った空気がぶつかり合い、次々と積乱雲が発生、記録的な豪雨となったためだ。

   増田によると、今回の19号と20号を並べて見ると、20号はスピードアップするので、最終的に日本海で横並びになりそうという。

   司会の国分太一「くっついちゃうと、どうなりますか」

   増田「どっちか一方が弱まった場合、吸収されることがありますね」

   2つが近づき、干渉すると、動きが複雑になり、モタモタして大雨が長引くことがある。逆に離反すると、一方が弾かれ、ポンと北の方に出て行くこともある。

   国分「どうなるか、まだ読めないですね」

   増田「関東には暴風、嵐の可能性は低いですが、油断はできません。あす23日後半からあさって24日の前半にかけて、大雨の恐れがあります」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中