2019年 10月 23日 (水)

「おっさんずラブ」ファンの熱量に脚本家も困惑... 「ネタバレやめて」要望に「えっ!?」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ドラマ「おっさんずラブ」を手掛けた脚本家・徳尾浩司が21日(2018年8月)ツイッターで、22日発売のCD「おっさんずラブ オリジナル・サウンドトラック」の感想を連投した。

   徳尾は、ドラマの楽曲を担当した作曲家の河野伸の名前を挙げて、「届きました!(河野伸さんに課金 笑)」と報告。あわせて、CDのジャケットを撮影した写真を公開した。一般発売の1日前に届いたようだ。

   その後も徳尾は、

「一曲目から涙が......。メインテーマ良すぎ」
「河野伸って......河野神の間違いじゃない?笑 好きになっちゃいけない人なんていないんじゃないかしら 名曲ですねえ。本当に」
「曲が良すぎて、何度も小さく『うわぁ......(感動)』って言ってしまう。 メインテーマ~ピアノver.~」
「ドラマで使われているフレーズはほんの一部なので、それが1曲になるとそこにまた物語が広がっていて...」

など、あふれる思いを伝え続けた。

   こうした一連の投稿に対し、ファンと思われるユーザーからは、

「徳尾さんの実況で今すぐにでも聴きたくなってしまいます」
「淡々といいね。を押してきましたが、もう我慢の限界だっつーの!!!私も早く聴きたいよぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉぉ」
「やばい! 徳尾さん(略)ネタバラシ禁止で!」

と意外な反応が。なんと、徳尾の感想からサントラの内容が想像できてしまうとして、「もう実況しないで」と訴えるファンが現れたのだ。

   徳尾もこうしたリプライ(返信)を目にしたようで、

「えっ!? サントラのネタバラシって......?」

と困惑した様子だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中