2019年 5月 21日 (火)

小林幸子の巨大衣装、一発屋歌手たち、故秀樹の名バラード、未亡人ロザンナ・・・見どころ山盛りでお客は満足
<第50回・思い出のメロディー 名曲でつなぐ・昭和と平成>(NHK総合)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   相変わらず局お気に入りの歌手が多く違和感があったが、全体に例年よりは良かった。お気に入りと思う歌手は市川由紀乃、水森かおり、丘みどり、三山ひろし、北山たけし、長山洋子らで、昭和の歌を歌わせても心配のない実力派がもっと他にいるだろうに、何故かこの連中の露出ばかりが多い。おい、NHK、別の歌手も出せ。

   司会は氷川きよしと木村佳乃、木村の媚び媚びの笑顔がわざとらしかったが、氷川きよしは司会が上手くなった。今回で評価されるのは、過去の一発屋、金井克子や三田明、あべ静江らに歌わせたこと、紅白のラブコールを何度だしても無視される小林幸子の巨大衣装を登場させたこと。観客は待っているのである。意地悪NHK。

   亡くなった西城秀樹の特別コーナーで、秀樹と親交のあった野口五郎が「ブルースカイ ブルー」を歌い、氷川が「傷だらけのローラ」をカバー、野口五郎は生き残っているだけのことはあり、平凡だがやっぱり上手い。もう1つよかったことは、ヒデとロザンナの未亡人、ロザンナに「愛の奇跡」を歌わせたこと。ロザンナはシングルマザーで苦労しているらしく、深夜や早朝の通販番組で宣伝している姿を見かけたことがある。ヒデ亡き後、異郷の地でハーフの子を育てる苦労は並大抵ではなかったろう。帰化したらしい。

   VTRで登場した美輪明宏が、「ヨイトマケの唄」を歌った他に、戦時中の遺跡の前で例によって反戦講釈。これも意義があった。(放送2018年8月18日19時半~)

   (黄蘭)

採点:1

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中