2019年 1月 19日 (土)

24時間トライアスロンを完走したみやぞん 勝因は「胃袋の強さ」?

印刷

   「24時間テレビ」(日本テレビ系)で番組史上初のトライアスロン形式に挑戦し、26日(2018年8月)午後8時45分、161.55キロを見事完走したお笑い芸人のみやぞんさん(33)。

   100キロのランを走っていた26日の最高気温は36度。サーモカメラで路面温度を測ってみると、なんと57度もあった。過酷な暑さの中、膝や足裏の痛みに耐えながら走り続け、最後は愛犬とともに日本武道館でフィニッシュ。ゴール前にはサンバイザーをとって観客に深々とお辞儀をする姿も見られた。

実はお腹を壊していた

tv_20180827121858.jpg

   壮絶な苦しさの中でも、笑顔でインタビューを受け、ファンへのサービス精神も忘れなかったみやぞんさんだが、実は途中下痢にも悩まされていた。マラソンスタートから約21時間後、休憩所でトイレに駆け込んだみやぞんさんは、インタビューを終えると再びトイレに向かった。完走後、その理由を「水をかけすぎてお腹冷えちゃった」と笑顔で説明した。

   驚くべきはそんな状態にも関わらず、休憩ポイントではしっかりと炭水化物を補給していたこと。おにぎりはもちろん、ラーメン、ハンバーガーなどのガッツリ飯を終盤まで食べ続けていた。

   杉山愛(元テニス選手)「胃腸も疲れていますから、ハンバーガーなんて普通はとても食べられない。炭水化物は食べないとあれだけ走れないので、しっかり食べられたのが偉かった」

   司会の加藤浩次「体力もある、運動神経もいい、胃腸も強いというみやぞんだからこそ乗り切れた。去年はブルゾンちえみ、今年はみやぞん、来年は何ゾンが来るのかな」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中