2019年 5月 20日 (月)

「ワハハハ、おぬしもワルよのう」「局長様こそお人が悪い」......。官僚接待の生音声が明らかにする「霞が関ブローカー」の実態

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   文部科学省の現職局長(当時)が東京医科大の理事長に息子の裏口入学を頼み込んだ音声データをNHKが入手した。見返りに文科省の補助事業に東京医科大を選ぶことがもちかけられ、「予約入学」「要はどうやってごまかすかです」「私の名前は言わないで」などの会話の間に、「ワハハハ」「はいはい」と笑い声や合いの手が交る。まるで「越後屋、おぬしもワルよのう」「いえいえ、お代官様こそ」といった時代劇のような生々しいやり取りを、高級官僚と大学トップが実際にしていたというのだから驚きだ。

   高級官僚は受託収賄罪で東京地検から起訴された佐野太被告(元文科省科学技術・学術政策局長)、理事長は贈賄罪で起訴された臼井正彦被告(元東京医科大理事長)だ。舞台は去年(2017年)5月10日、都内の高級料亭らしい。

息子の裏口入学を「そうそうそこ、予約入学」

   音声は「上座で申し訳ない」「いやいや、ワハハ」で始まる。東京医科大を前年(2016年)に受験し不合格だった息子の話になり、つぎの入試で「ぜひぜひ、うちに予約しておいでになって」と理事長らしい声がもち出すと、局長らしい声が「そうそうそこ、予約入学」ときわどい名セリフを発した。

   その後は、文科省が私大の特色ある研究を支援する補助事業の話になり、理事長が「(申請を)出す前にちょっとご指導たまわることができれば」とやんわり切り出す。東京医科大は前年に申請したが選ばれなかったのだ。

   局長は「書類を指導すると、これは違反になってしまいますので、そこらへんを大学で考えていることについてやり取りすると、だんだんと見えてきます」と、違反に問われる恐れがないように注意しつつ、実質的には応じる意向をにじませる。ここで局長は「どうごまかすか」とまで発言したのだから、完全な確信犯ではないか。

   この事業には半年後、東京医科大が選ばれ、5年で1億円を超す補助金が支出されることになる。

   このやり取りを記録していたのは、収賄ほう助罪で起訴された谷口浩司被告だ。医療コンサルト会社役員というが、実態は高級官僚に食い込んで利権を仲介する「霞が関ブローカー」だった。参院議員の政策顧問という肩書の名刺を持って役人に接近していた。

   問題の場面でも、局長が「文科省の担当者をみつくろいますので」と谷口被告と行くように臼井理事長に話すと、谷口被告が「私と行けば記録に残らないですから、その方がお互いにいいと思います」と口添えした。理事長は「はいはい、わかりました」と返した。贈収賄完結の瞬間だ。不正入学した受験生の扱いは結局どうなったのか。今も学籍が認められ、いずれ医師になり、まさか患者を診察するのだろうか。依然として残る疑問に、NHKは触れなかった。

東京五輪を前に英語やスポーツ事業をもくろんでいた

   谷口被告を知る男性は「霞が関は俺の庭だとうそぶいていた。国の政策に優先的に入っていき、利権をとるのが目的だった」という。その一環として裏口入学の仲介もし、教育をつかさどる文科省官僚をいいようにあやつっていた。

   谷口被告の周辺からはフランス料理店9万8000円、高級すし店27万円、銀座のクラブ54万円の領収証が出ている。接待費は多い月で600万円にもなった。「接待女性が嫌がるようなひどいケースもあった」という信じがたい話まである。谷口被告は、東京五輪をひかえ予算拡大が見込まれる英語事業や、スポーツコンサルティング事業をもくろんでいたという。このあたりの補助事業は清潔だろうか、要注意だ。

   国の政策を食い物にするブローカーの暗躍。そこに自身の利益をあさろうと、高級官僚や医大理事長のような指導的立場の人物が群がる。なんともずる賢い連中と薄汚い構図だ。

   取材を進めると、谷口被告が接近しようとした官僚のリストが出てきた。文科省、厚労省、国交省、金融庁の高級官僚30人の名前が載り、中には150万円の接待を受けたとして収賄罪で起訴された文科省の川端和明・元国際統括官の名前もあった。

   NHKの取材では、少なくとも11人の官僚が接待・会食の席に出ていた。ここでおかしいのは、NHKが入手したというのなら、なぜ当の官僚たちに直接取材して、名前や具体的な地位を明らかにしないのか。

   税金で仕事をして大きな権限を持つ高級官僚や政治家には、一般市民よりも厳格なモラルが求められる。プライバシーといってごまかせる問題ではない。きちんと言い分まで添えれば、どこの誰が何をしたかを明示できるはずだ。

   NHKは立派な取材活動をしながら、報道内容は常識的な分析や識者のコメントで終わり、事実に肉薄することなく霧の中におさめたままにした。意欲的な追及が最後で腰砕けになったといわれても仕方がないだろう。

   ※NHKクローズアップ現代+(2018年8月27日放送「官僚『過剰接待』~いま霞が関で何が~」)

   あっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中