2019年 1月 19日 (土)

街道をゆくはずだったのに、ただの散歩番組に成り下がる ベテラン俳優の飲み話だけが面白いとは 〈なりゆき街道旅〉(フジテレビ系)

印刷

   「ウチくる!?」の後番組として今年(2018年)4月にスタートした「なりゆき街道旅」。当初は街道旅の名のとおり、街道をゆくはずだったのに、今回など、自由が丘をぶらり散歩するだけ。始まってわずか数か月足らずで、早くもただの散歩番組に成り下がっていたことに驚く。

   出演はハライチ澤部と、平野ノラ、俳優・平泉成の3人。自由が丘駅前に集合した面々はまったくのノープランで、平泉が事前に調べた、マリクレール通りを目指す。最初に立ち寄ったのは、話題の傘専門店ウォーターフロント。この店は自由が丘特集には必ず登場する世界最大規模の傘の旗艦店で、偶然、ここに辿り着いたとしたら凄い嗅覚だ。例によって出演者が直接店側と交渉し、撮影許可を貰えれば取材OKとなる。その過程も見せてノープランを強調しているつもりかもしれないが、はっきり言ってその時間は無駄。

   今回は、カメラが趣味という平泉成が写真を撮りまくり、完全に林家ペー状態だったことと、そんな平泉の何気ない話が面白かった。たとえば、芸名・平泉成の話。御年74歳の成さん、本名は平泉征七郎で、その意味は「七つの海を征服する男」。映画界に入った時に、監督に「七郎」を取れ、と言われて平泉征に。その後、征の字は物騒だからという占い師のアドバイスで、現在の芸名になったという。

   暑いさなか、街ブラよりも、ビールを飲みながら語るベテラン俳優の話のほうがよっぽど興味をそそられる。人に歴史あり。

   (放送2018年8月26日12時~)

   (白蘭)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中