2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

宮川紗江 塚原夫婦のウソつき呼ばわりに猛反論!「何か隠してるように見えます」

印刷

   日本体操協会の塚原光男副会長や妻の千恵子・女子強化本部長からパワハラを受けたと告発した宮川紗江選手(18)はきのう30日(2018年8月)夜、「とくダネ!」がインタビューに応じ、塚原夫妻が「すべてウソだ」と否定したことについて、「自分はウソを言っていないのに、何か隠しているように見えます」「戦い続けます」と意気軒高だった。

    キャスターの伊藤利尋アナが「たった1人で声を上げたことに、どうなっちゃうのかという恐怖はなかったのですか」と聞くと、「すごいありました。東京オリンピックに向けて、やっていけるのか、協会とうまくやっていけるのか不安です」と話した。

   千恵子本部長が日刊スポーツに「東京オリンピックに出られなくなるわよと言ったのには、けがをしているしという前段がある」などと語っていることについては、「合宿中に部屋に呼ばれて、実際に言われたことで、話の流れからはそうとはとらえませんでした。あと付けなのでは」と反論した。

母親「信念のある子で、記者会見も自分で決めた」

   インタビューに同席した宮川の母親は「信念のある子で、(記者会見は)自分から言い出しました。それならやるしかないと思いました」と話した。

tv_20180831111138.jpg

   司会の小倉智昭「18歳にしては、自分を持っていて、しっかりしている。それにしても、(塚原氏側と)言い分がまったく食い違ったなあ」

文 高橋 | 似顔絵 池田マコト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中