2018年 9月 23日 (日)

大黒摩季が始めた「#けっぱれ道産子」運動  地元・北海道の地震にSNSでエール

印刷

   札幌出身のシンガーソングライターの大黒摩季が7日(2018年9月)、ツイッターを更新し、最大震度7を観測する地震があった北海道民へエールを送るためのハッシュタグを開設したと伝えた。

   大黒は6日の地震発生当日に「この度の北海道地震に於いて、被害により亡くなられた方々へのご冥福をお祈り致します。同時に今も尚、停電をはじめ恐怖と不安の中でお過ごしの皆様を、道産子の大黒摩季も案じ続けています」とコメントした。

   その後、ツイッターのハッシュタグ機能を利用して、

「皆様、ここに北海道への応援メッセージ、じゃんじゃん書き込んで下さい!!!道産子の皆さんは、現状や気持ち吐き出してください。ガッツリ受け止めます
やっと起動した携帯で、最初に見るのは不安な情報より、愛溢れる応援にしてあげたいのです。合言葉は、 #けっぱれ道産子 !!!!」

と呼びかけた。

   こうした投稿に、過去に被災した際にネット上でエールを受け取ったというユーザーから「今度はこちらが恩返しします」といったコメントが寄せられると、

「泣けてくる。まじ涙止まんない。ありがとう、ありがとう。これまでお手伝いに行った被災地の皆さんの涙と笑顔、必死に立ち向かった姿と生き様、教訓刻まれたこの体で、ホーム、全力で守り立てる。本当にありがとう」

と感謝の気持ちも綴っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中