2018年 9月 20日 (木)

大坂なおみ、表彰台の神対応 全米が大ブーイングから大称賛の嵐

印刷

   きのう9日(2018年9月)、テニスの全米オープン女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手がセリーナ・ウィリアムズ選手を破り、日本人として初の4大大会シングルス優勝を果たした。一方、男子の錦織圭選手は準決勝で破れた。

大荒れの試合展開で冷静にストレート勝ち

tv_20180910123608.jpg

   司会の堀尾正明「大坂さんはいままで4大大会はベスト16が最高。むしろ錦織選手のほうが優勝に近いんじゃないかと言われていたのが、あっという間に20歳での優勝という快挙です」

   大坂は、憧れの存在だったというセリーナを終始圧倒。ウィリアムズが警告をめぐり、主審に猛抗議し、会場からも主審への大ブーイングが出るなど大荒れの試合展開だったが、冷静にストレート勝ちした。米国メディアも「今後10年、テニス界の世界的な顔になる」と称賛した。

   試合後は大坂へのブーイングが起きたが、ウィリアムズが大坂選手をたたえ、大坂は「みんながセリーナ選手を応援していたと思うので、こんな終わり方になってごめんなさい」と涙を見せると、拍手が起こった。

   フリーアナの政井マヤ「大坂さん、大号泣でしたね。すごく過酷なかわいそうな状況で頑張ったんですよ。ほんとかわいそうでした」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中