2018年 11月 17日 (土)

ツイッタラー川谷絵音、自虐ネタでバズるも「アーティストとしての自分は...」

印刷

   ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が11日(2018年9月)ツイッターを更新し、自身の投稿が「バズった」(ネット上で流行した)ことに複雑な心境をのぞかせた。

   川谷は10日夜、実際に起きた「リアル」な話だとして、

「店員さん『川谷絵音さんに似てるって言われませんか?』
俺『え?そうですか?』
店員さん『あっ、、気を悪くさせたらすみません!』
俺『...』」

とのエピソードを披露した。

   この投稿は6万件を超える「いいね」を集める(11日13時半現在)など、ネット上で大きな反響を呼ぶことに。だが、これに川谷は続くツイートで、

「自虐ツイートがバズった後は、ツイッタラーとしての自分は歓喜し、アーティストとしての自分は枕を濡らします」

とつぶやいた。

   この投稿に対し

「自虐ツイッタラーの絵音くん! 天才アーティストの絵音くん! どっちもタイプです」
「川谷絵音トークショー期待」

といったコメントが寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中