2018年 11月 14日 (水)

ミステリーハンターが帝国ホテルを大調査 超一流のおもてなしや心遣い、意外な歴史を感じるいい番組 〈日立 世界ふしぎ発見!〉(TBS系)

印刷

   今年(2018年)4月に放送33年目を迎えたご長寿クイズ番組。この日のテーマは「日比谷・帝国ホテル~世界が愛した最上のおもてなし~」で、元宝塚歌劇団宙組トップ娘役の野々すみ花をミステリーハンターに帝国ホテルを大調査した。世界を股に掛けたクイズもいいが、たまにはこういう身近なネタも悪くない。日本を代表する超一流ホテルのおもてなしや心遣い、歴史の深さを感じるいい番組だった。

   ドアマンは30分に1回は白手袋を交換するとか、ベルマンはお客様のどんな要望にも応えられるよう、情報がびっしり詰まった手書きの手帖を携帯しているとか、感心することばかり。ほかにもランドリーのボタンつけ、どんなシミでも落とすシミ抜き達人の技、筆耕室の貼り紙には「愚痴と墨はこぼしません」という教訓が壁に貼られているなど、普段見られないホテルの裏側はなかなか興味深い。

   「バイキング」や「ホテルウエディング」が帝国ホテル発祥というのは知っていたが、おつまみの定番「かきピー」がここのバーラウンジ発祥だったとは知らなかった。当時、高価だったピーナッツを新潟産の米で作った柿の種と混ぜて、かさ増ししていたというからびっくり。ちなみに柿の種とピーナッツの割合は7:3だとか。

   今年60周年を迎える「バイキング」の記念セレモニーで、辰巳真理恵という聞きなれないオペラ歌手が歌っていたのが、セレモニーゲスト・辰巳琢郎の娘だったのはちょっと......。父娘セット販売!?

   (放送2018年9月8日21時~)

    (白蘭)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中