2018年 9月 22日 (土)

<グッド・ドクター>(フジテレビ系)
山崎賢人ってこんなに芝居上手かったっけ!?難しい「自閉症の医師」になりきって好演

印刷

    山崎賢人主演。自閉症スペクトラム障害で他人とのコミュニケーションは不得手だが、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群でもある医師・新堂湊が、周囲の偏見や反発にさらされながらも、小児外科医のレジデント(後期研修医)として子どもたちに寄り添い、子どもたちのために闘い、ともに成長していく姿を描いたメディカル・ヒューマンドラマだ。

   なんといっても、山崎賢人の演技が素晴らしい。こういってはなんだが、ここまで巧く演じるとは思わなかった。これまで山崎のイメージは、漫画原作ばかりやっているイケメン俳優というものだったが、今回は難しい役になりきっている。

   「未成年」の香取慎吾、「聖者の行進」のいしだ壱成、「ATARU」の中居正広と、過去にもこういう役柄に挑み、評判がよかった俳優はいたが、なかでもダントツに巧い。朝の情報番組「めざましテレビ」が彼に密着し、普段の様子から役に入るところを流していたが、スイッチが入った瞬間、山崎賢人から新堂湊に一瞬にして変わるところは見事というほかない。

ようやく「のだめ」脱却した上野樹里

   もう一人、このドラマで見直したのは上野樹里。あのベタッとしたしゃべりと永遠に抜けない「のだめ」臭が苦手だったが、湊のよき理解者で、ずっと見守り続ける指導医・瀬戸夏美役の抑えた演技がいい。このドラマで、山崎、上野という苦手だった俳優さんを好きになれたのはよかった。

   小児外科が舞台なので、毎回、出てくる子役たちも可愛い。第5話に登場したボーイソプラノの男の子が超絶イケメンで楽しみと思って調べたら、城桧吏(じょう かいり)といい、カンヌ映画祭でパルムドール賞を受賞した是枝裕和監督「万引き家族」の男の子だった。そりゃ光っているはずだ。

   韓国ドラマのリメイク版。韓国ドラマは苦手だったけど、元のドラマも見てみたくなった。13日の最終回は15分拡大スペシャル。(木曜よる10時~)

   くろうさぎ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中