2019年 1月 21日 (月)

ベテラン森アナもイケボに緊張? 声優・梶裕貴との共演に「地獄ぜよ...」

印刷

   日本テレビの森圭介アナウンサーが13日(2018年9月)ツイッターを更新し、「進撃の巨人」の主人公エレン役などで知られる人気声優・梶裕貴との共演時のエピソードを明かした。

   アニメ企画番組である「キミモテロッジ ~家づくりで声優オーディション!?~」(日テレ系)で共演中の2人。森アナはナレーションを担当している。

   13日放送分の収録時、3日が33歳の梶の誕生日を祝ったらしく、お祝いのケーキとともに

「一緒に写真撮りましょうと言っていただき感激...素敵すぎるよ!自撮りマジ緊張したわ...」

という2ショット写真を添えた。

   また、

「番組の構成が梶さん読み→俺読み→梶さん読みになってて、あのイケボの後に自分の声が流れるのは地獄ぜよ...」

と謙遜を交え、梶を称えていた。

   なお、梶も11日ツイッターで

「スタジオで森アナウンサーの姿を発見!原稿を読むプロの前での収録、緊張しました...!」

とこちらも緊張していたと明かし、「お会いできて感動!とても気さくで素敵な方でした!」と森アナの印象を綴っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中