2019年 5月 27日 (月)

住宅街に「暴れサル軍団」引っかかれたり噛まれたりで住民重軽傷

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   静岡県牧之原市でおととい19日(2018年9月)、野生のサルが住宅地で大暴れし、引っかかれたり噛まれたりして住民6人が重軽傷を負った。サルは先月末から目撃されていて、複数いると見られる。

   きのうは市の職員、警察官50人で「暴れザル」の捕獲作戦を行い、サルを山に追い込んだものの、急な斜面を駆け抜けて姿を消し、捕獲には至らなかった。

サルの世界に人間が侵出

tv_20180921122535.jpg

   司会の国分太一「人をケガさせてしまったということで、いろいろ追っていると思うんですが、サルとしても居場所がなくなってきてるとか、エサの問題で住宅に来てしまってる可能性もありますよね。退治できたら終わりという問題でもなさそうです」

   冬に向かってえさの食べ溜めをしているのかもしれない。

   堀尾正明キャスター「サルにはサルの世界があるから、あまり敵視するのも問題だと思いますね」

   国分「なかなかむずかしい問題ですよね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中