2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

なぜか韓国だけで頻発しているBMW火災―突然火を吹くボンネット

印刷

   いきなり乗用車が燃えている映像だ。韓国の高速道路を走行中のBMWがエンジン付近から出火し、たちまち車体は炎に包まれ無残な残骸となった。今年に入って、韓国ではこうしたBMWの火災が今年に入って40件以上も起きている。

   高速道路に限らない。一般道路でも、停車中でも、突然火を吹く。車種はディーゼル「520d」だ。ボンネットから出火するから、エンジン関係に何らかの異常があると思われるのだが、原因は不明だという。

   こうした火災は、韓国以外のヨーロッパや日本では起きていない。BMW本社広報担当者は「韓国の交通事情や運転スタイルがあるのではないか」とコメントしていると中国メディアが伝え、韓国内で「韓国の事情とはなんだ!?」と大騒ぎになった。結局、BMWは「誤訳だった」としたが、いぜん原因は不明だ。

EGR(排ガス再循環装置)に不具合?ほかの車種でも発生

tv_20180921143613.jpg

   韓国政府はBMWの一部車種に運行停止命令を出し、安全点検を受けないと1年以下の懲役か100万円以下の罰金を科すとしたが、今度は点検を受けた車が燃えた。とうとう入庫を断る駐車場も出始めた。

   BMW側はEGR(排ガス再循環装置)の不具合が原因だと発表していたが、EGRを搭載していない車からも出火している。韓国政府は官民合同の調査団を作り、原因究明に入った。年内には結論を出すという。

   司会の羽鳥慎一「EGRは日本でも古い車種に搭載されているものですが、火災は起こっていません。BMWはたまたま事故が重なったと言っていますが、たまたまで40件も起きますかね」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「年内に原因究明って、何を根拠に言い切れるんですかね。本社のコメントも自分の首を絞めてる。どんな乗り方をしたって壊れないってのが高級車。それを否定しているようなものです」

   それにしても、なぜ韓国でだけ?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中