2019年 1月 19日 (土)

矢野顕子、初対面の男性のアイス選び手伝う 「こういう会話できるのがNY」

印刷

   シンガーソングライターの矢野顕子が、21日(2018年9月)自身のツイッターを更新し、米ニューヨークのスーパーでの一幕を報告した。

   90年にニューヨークへ移住した矢野。現地のスーパーで買い物中、髭をたくわえた若い男性から、

「あの~あなたが僕のお母さんに似てるんでお願いがあるんですけど、お母さんにどのアイスクリーム買ってったらいいか選ぶのを手伝ってもらえませんか?」

と話しかけられたという。

   どうやら矢野は、そのまま初めて出会った男性のアイスクリーム選びを手伝うことになったようで、

「お母さんの好きなフレイバーは?」
「実は糖尿病で。でもアイスクリーム大好きなんです」「じゃフロウズンヨーグルトは?」

とのやり取りを報告。

「で私も自分の買い物をしてレジで支払い中、彼は『これにしました、無糖のフロウズンヨーグルト!』って箱を見せに来たので、それならお母さん喜ぶねって。知らない人とこういう会話できるのがニューヨーク」

と、事の顛末を報告して締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中