2019年 1月 17日 (木)

城田優「とってもいい時間だった」 携帯を家に置き忘れ、充実した1日に

印刷

   俳優の城田優が20日(2018年9月)ツイッターを更新。「昨日、携帯を家に忘れて、1日仕事してたんだけど、とってもいい時間だった。色々集中できた」と充実した1日を振り返った。

   城田は、初めのうちは「クセで、ふと時間が空くと携帯を探してしまう瞬間があった」としながらも、

「持っていないことをしっかり認識してからは、今目の前で起きていることに100%目を向けられるというか、とにかくいい時間だった」

と満足げな様子を見せ、携帯を持たないことでかえって仕事に身が入ったことを報告。

   リプライ欄には、携帯が手元にないと不安を感じてしまう、依存してしまいがちといった趣旨のコメントもあったが、

「わかりますわ~なければないで違ったものが見えたりして、世界がかわりますよね」
「携帯がなかった時代がありましたね。今の世の中は、便利になり過ぎていると思います。昔に戻っていい時間を過ごすのも、悪くないと思います」

といった賛同の声や、携帯との付き合い方を見直してみようという意見が多く寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中