2019年 1月 18日 (金)

スーパーボランティア尾畠さんも呉から応援 カープの優勝が被災地のすごい力に!

印刷

   「広島カープというチームは、広島県民のすごい力になっていると思います」

   そう語るのは、スーパーボランティアの尾畠春夫さん(78)だ。山口県周防大島町で2歳の男の子を救出し、すっかり有名になったが、きのう24日(2018年9月)は広島県呉市の被災地でボランティア活動に精出していた。

尾畠さん「被災地の復興は20%も終わっていない」

tv_20180925125029.jpg

   気になるのは、3連覇がかかるカープの試合の行方だった。「広島県民のために頑張ってもらいたいと思って、心から応援させてもらいます」と話していたが、残念ながら、きょう25日にお預けとなった。

   西日本豪雨が発生してから約2カ月半。尾畠さんは連日、トレードマークの赤いつなぎで土砂を取り除いている。車中で寝泊まりが続いているが、そんな尾畠さんに差し入れをする人もいる。同年代の男性がポットを持って訪れた。中にあるのは熱々の豚汁。「うわ―、うまい、最高や」。親子で尾畠さんと一緒に写真を取る人もいて、住民とも打ち解けているようだ。

   今も活動を続けているのは「(被災地の復興は)20%も終わっていないですね。まだひどいです。みなさんにも、この呉に来てボランティアをしてもらいたいですね」

   司会の国分太一「尾畠さんのボランティアの活動を見て現状を知りました。まだまだ大変なんですね」

   真矢ミキ「本当に現場の声ですものね」

   国分「カープの優勝も大切になってきますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中