2019年 1月 19日 (土)

平尾昌晃「骨肉争い」他の兄弟は?次男「三男とは温度差」、長男「ブランド守る」

印刷

   「瀬戸の花嫁」「カナダからの手紙」などで知られる作曲家・故平尾昌晃氏の遺産60億円をめぐる、三男の勇気氏と昌晃氏の妻Mさんとの相続争いを他の兄弟はどう見っているのか。

   Mさんは昌晃さんの元マネージャーで、昌晃氏が亡くなる約5年前に再再婚した。2番目の妻との間に生まれたのが勇気氏で、会見では「(Mさんの狙いは)お金じゃないですか。平尾家のすべてじゃないですか。顔も見たくない」などと敵意をあらわにしていた。

   Mさんは「違法とは思っておりません」「私が遺産60億円を独り占めするような報道がなされていますが、事実に反する」などと文書で反論している。

株主総会で取締役解任の議案提出

tv_20180926125926.jpg

   モーニングショー」の取材に応じた次男の亜希矢氏は、「僕と勇気とは温度差があります。(Mさんは)そこまでお金に執着のある人には見えない」と話した。ただし、正式な手続きを経ずにMさんが会社の代表になっていることについては、「共同代表という話になっていました。不信感がある」と主張した。

   長男の男性は「モーニングショー」に対し、「平尾のブランドを守るため、次男が代表をやるなら背中を押す」と話している。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「相続問題は『争続』として雑誌でも売れるコンテンツになっています。人生が長くなって、親が亡くなる前に再婚するなど、もめるケースが多いようです」

   司会の羽鳥慎一「お金持ちの話でしょ、ということじゃないんですね」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「平尾さんの資産を形作った『瀬戸の花嫁』や『カナダからの手紙』は70年代のヒット曲。これは僕たちのお母さんと作った資産でしょ、という思いが子どもの側にはあるんでしょうね」

   三男はきょう26日(2018年9月)午後の同社の株主総会で、Mさんの取締役解任の議案を提出。

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中