2020年 12月 1日 (火)

子供の世界のいじめの構造に似ている貴乃花親方の引退問題。やくみつるとデーブ・スペクターのコメントが的を射ている
<貴乃花親方引退報道―とくダネ!>(フジテレビ系)

   夕刊フジの記者や女レポーターたちが説明に立ち、侃々諤々。突然起きた貴乃花親方の引退報道に大騒ぎだ。新聞は一般紙まで1面に書き、ワイドショーは他のネタをぶっ飛ばしてこの問題ばかり。花田兄やスポーツジャーナリストはともかく、コメントマンで最もまともだったのは漫画家のやくみつるとデーブ・スペクターである。
   筆者が一番感じたのは、子供の世界のいじめに構図が似ているということだ。昨年の部屋弟子・貴ノ岩事件以来、相撲協会と貴乃花の間にはモヤモヤがくすぶり続けていた。協会のお歴々にすれば、理事長選に貴乃花が出馬した頃から、「若造がなんだ」という上から目線のやっかみがあり、目障りで仕方がなかった。石部金吉の正義漢男である貴乃花は「清濁併せ呑む」大人の度量に欠けるが、大人気横綱だった彼のキャリアが、そんじょそこらの元横綱たちには逆立ちしても太刀打ちできない知名度があってムカつく存在だった。
   そこで、いじめっ子側は団体になってチクチクと意地悪をする。いじめられる側は文書か電話かの違いという小さな事まで解釈が異なる。「そんなつもりではなかった」といじめ側が言っても、1から10までいじめられ側は悪意を感じてしまう。5つの門下に統一する決まりも貴乃花を排除するために考え出されたことではないのかと外野は思う。1つ言えることはお歴々のIQの低さも原因している。(放送2018年9月26日8時~)

(黄蘭)

採点:0
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中