2019年 1月 19日 (土)

清潔感はあるが、まだまだ生硬な北川景子の指定弁護士。モリカケそっくりの贈収賄事件に負ける。夫役のえなりかずきは大ミスキャストで疑問
<ドラマスペシャル 指定弁護士>(テレビ朝日系)

印刷

   一番気に入らなかったのは大ミスキャストの(えなりかずき)である。美人で超しあわせの新婚ホヤホヤ、北川景子の弁護士姿は誰でも見てみたいという初体験配役であるのに、その夫が(えなりかずき)ではなあ、誰が一体指示したのだ。マネジャーの売り込みか? えなりかずきはテレビ界の老害ばあさんが書く『渡る世間は鬼ばかり』の長男役のイメージがこびりついている上に、もともと子役上がりの臭みが染みついている。特にエロキューションが良くない。
   指定弁護士とは検察審査会が、1度不起訴にした案件を市民によって再度裁判にかける場合、検察官に代わって検察官の役を執り行う弁護士のことである。駆け出しの一ツ木唯(北川景子)は自分のキャリアアップのために事件の指定弁護士を引き受けた。バディになる検察官の橘慎二(北村一輝)は彼女に敵愾心を持っている。
   容疑者は衆議院議員の田金清造(石橋蓮司)で、国有地払い下げに関して暗躍したのではないかという疑惑がある。まるでモリカケ騒動とそっくり。ぬらりくらりと石橋の禿げ頭が憎たらしいが、やっぱり最後は敗訴する。唯の事務所の上司になる中村梅雀が、珍しくお人好しの上司ではなく金が潤沢な敵側に付いたのが目新しい。
   石鹸で洗い立てのように清潔感のある北川の弁護士は似合ってはいるが、まだまだ演技は生硬で、司法修習生の駆け出しみたい。辛い立場の相談者を相手にする弁護士はもっと塵芥にまみれなくちゃ。(放送2018年9月23日21時~)

(黄蘭)

採点:0.5

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中