2020年 12月 1日 (火)

清潔感はあるが、まだまだ生硬な北川景子の指定弁護士。モリカケそっくりの贈収賄事件に負ける。夫役のえなりかずきは大ミスキャストで疑問
<ドラマスペシャル 指定弁護士>(テレビ朝日系)

   一番気に入らなかったのは大ミスキャストの(えなりかずき)である。美人で超しあわせの新婚ホヤホヤ、北川景子の弁護士姿は誰でも見てみたいという初体験配役であるのに、その夫が(えなりかずき)ではなあ、誰が一体指示したのだ。マネジャーの売り込みか? えなりかずきはテレビ界の老害ばあさんが書く『渡る世間は鬼ばかり』の長男役のイメージがこびりついている上に、もともと子役上がりの臭みが染みついている。特にエロキューションが良くない。
   指定弁護士とは検察審査会が、1度不起訴にした案件を市民によって再度裁判にかける場合、検察官に代わって検察官の役を執り行う弁護士のことである。駆け出しの一ツ木唯(北川景子)は自分のキャリアアップのために事件の指定弁護士を引き受けた。バディになる検察官の橘慎二(北村一輝)は彼女に敵愾心を持っている。
   容疑者は衆議院議員の田金清造(石橋蓮司)で、国有地払い下げに関して暗躍したのではないかという疑惑がある。まるでモリカケ騒動とそっくり。ぬらりくらりと石橋の禿げ頭が憎たらしいが、やっぱり最後は敗訴する。唯の事務所の上司になる中村梅雀が、珍しくお人好しの上司ではなく金が潤沢な敵側に付いたのが目新しい。
   石鹸で洗い立てのように清潔感のある北川の弁護士は似合ってはいるが、まだまだ演技は生硬で、司法修習生の駆け出しみたい。辛い立場の相談者を相手にする弁護士はもっと塵芥にまみれなくちゃ。(放送2018年9月23日21時~)

(黄蘭)

採点:0.5
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中