2019年 1月 21日 (月)

超大型台風24号襲来でよかったこと 交通機関の「計画運休」が大混乱を防いだ

印刷

   日本を縦断した超強力台風24号の影響で、首都圏では交通網が乱れ、約46万人に影響が出た。

人々と交通機関の意識が変わってきた

    昨日30日(2018年9月)、台風が接近するなか、JR東日本は午後8時以降の首都圏の全在来線を運休した。在来線すべてで「計画運休」を行ったのは初めてのことだ。東海道新幹線も午後5時以降すべての列車の運転を取りやめ、21本が運休した。

   司会の羽鳥慎一が「8時から全部ストップするという昨日の対応は、早かったんですかね」と問いかけると、テレビ朝日解説委員の玉川徹がこう説明した。    >「やっと意識が変わってきたんじゃないですか。大雪や台風はある程度、予想がつく。そういうときに先んじて、余裕を持って交通を止めるようになってきたのは、(人々と交通機関の)意識が変わっているってことですね。あとは会社側の意識が変わらないと。午前中は出社に及ばずという一斉メールでも出しておけば、今朝の大混雑のような事態にならないんですね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中