2020年 11月 29日 (日)

ひどい!ハワイで夢の結婚式がドタキャンに 予約した式場が建っていなかった!

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   旅行代理店H.I.S.で予約したハワイの挙式がドタキャンされるトラブルが起きている。被害にあったカップルは260組にも上り、「責任感がなさすぎる!」と怒りの声を上げている。

   ドタキャンの理由は「天候悪化による挙式会場の施工遅延」。当初予定していた9月1日(2018年)の開業が困難になったというのだ。

   H.I.S.によると、8月14日に進捗状況を確認したところ、翌15日に急きょ「9月1日に間に合わない」と報告を受けたというが、会場の運営会社の言い分は違う。工事が大幅に遅れていたことは「お互いに把握していた。15日にいきなり伝えたものではない」というのだ。

   それはひとまず置いておいて、現場を見てみると衝撃を受ける。作業員の姿がどこにもなく、建物は骨組みしかできていない。とても2015年から工事が始まっていたとは思えない。H.I.S.は現地にも支店があるというのに、確認していなかったのだろうか?

旅行代理店が現地の状況を知らずに予約受付

tv_20181002125957.jpg

   11月に挙式を予定していてドタキャンされた20代の新婦は「天気だろうがなんだろうが、そんなの関係ない。あの骨組みを見たら、本当に工事やっているの?と思ってしまう」と怒りを隠さない。報告が遅かったため、急きょ変更した会場はかなり妥協したものだという。「時間があれば最初からやりなおしたい」と悔しそうだ。

   挙式1か月前にドタキャンされたカップルも、日にちを1日ずらして別の会場に変更。40代の新郎は「天災じゃなくて人災。売る商品の状況を知らないで売るのか。ふざけんなよって話です」と憤然とする。

   航空・旅行アナリストの島海高太朗さんは「ハワイでは工事が遅れるのは日常茶飯事ですが、それを踏まえて本当にオープンできることを確認してから販売するのが本来あるべき姿」と話す。

   H.I.S.では挙式代金・ツアー代金の全額払い戻し、今年中に出発予定の客に対しては1組あたり20万円の見舞金を支払うなどの対応をとるという。

   倉田真由美(漫画家)「もしそういう理由でキャンセルするのなら、もっといいプランで代わりにこちらで...っていうのが普通」

   航空・旅行アナリストの島海さん「ワンランク、ツーランク上のものを同じ金額でやってかつ見舞金を払うのがベストな対応ですよね」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中