2019年 12月 15日 (日)

電車の中の大股開き許せません!女子大生がマナー悪い男性の股間に次々冷水

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   野上慎平アナがこんな動画を紹介した。地下鉄で足を広げて座っている男たちの股間に、若い女性が次々と水をかけている。You Tubeにアップされると、360万回以上視聴されたという。

   ロシア・サンクトペテルブルクの地下鉄のことだ。投稿した女子大生のアンナ・ドブガリュクさん(21)は、「彼らは周りにいる人たち、とくに女性や子どもの邪魔になります。不快に感じるわ。だって、1つ以上の座席をとるんだもの」と、抗議するためだと話す。

「大声で怒った人もいたけど怖くないわ」

tv_20181003132728.jpg

   ペットボトルに入っているのは単なる水ではない。漂白剤入りの水だ。かけるとすぐ逃げて行く。被害男性は1週間で約70人。野上アナによると、男性に悪いマナーをやめてほしいと訴えるグループがあり、アンナさんは水をかける役で、撮影する仲間もいる。

   「常識がない、過激だ」と非難する人も多いが、アンナさんは「過激じゃないと人は理解してくれない」といい、「大声で怒った人もいたけど怖くないわ」とひるまない。

   野上「ちょっと過激ではありますが」

   宇賀なつみキャスター「(足を開いた男性を)迷惑だと思ったことがありますが、あそこまでするのはどうでしょうかねえ」

   司会の羽鳥慎一「でも、そこまでやったから話題になったんですよね。問題提起の趣旨はわかりますが、かけられた人は怒るでしょうね。殴る人もいるかもしれない」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「危ないですよね。危なくない方法を考えた方がいいですね」

欧米でも「マンスプレッディング」は批判の的

   男性の「大股開き座り」はロシアだけでなく、欧米でも問題になっている。「マンスプレッディング」という言葉もあるくらいだ。man(男)とspreading(開くこと・広げること)をつなげた造語で、「公共機関で男性が大股開きで座ること」という意味だ。スペイン・マドリードの市営バスでシールを貼りキャンペーンしたり、ニューヨークの地下鉄やバスでも罰金を科せられているという。

   日本でもどうだろうか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中