2018年 12月 11日 (火)

<まんぷく>(NHK総合・NHKBS)
安藤サクラ「ブス役」に妙味!べっぴん母娘になぜ彼女だけ・・・安心して見てられそうな朝ドラ王道

印刷

    連続テレビ小説「まんぷく」がスタートした。今作が99作目の朝ドラだ。前作の「半分、青い。」があんまりにもアレだったもので、そのトラウマを引きずりつつ、今度は大丈夫なんだろうかと、おそるおそる見た。

   主演は安藤サクラ。奥田瑛二と安藤和津の次女。奥田の遺伝子はどこに入っているの? というほど安藤そっくりのお顔である。そのお顔がブス扱いされるところにクスッ。安藤演じるヒロイン今井福子がホテルに就職し、電話交換手となるが、べっぴんさんはフロント係、そうでない人は内勤だという噂を聞き、「ええっ」となるのだ。

   それにしても、今井家は、母が松坂慶子、2人の姉が内田有紀に松下奈緒とべっぴん揃いなのに、なぜ末娘だけが・・・と気になる。

戦争の時代をくぐり抜け力強く生き抜いた女一代

   第3話ではその福子が語学力を買われて、フロント係に抜擢された。「あすからフロントに立ってくれへんか」と支配人に異動を告げられる。憧れの先輩・保科恵(橋本マナミ)が「英語ができる人材は貴重」と強く推薦してくれたとのことだった。

   この時も、「でも、フロント係はべっぴんでないと駄目なのでは」と福子が気にすると、「べっぴんさんにもいろいろあるからねえ(笑)」と支配人。「あなたの笑顔はとっても素敵よ」と保科先輩に言われ、福子はその気になるのだった。

   とまあ、顔の美醜で職場が替わるなど、今ならあちこちから文句が出てきそうだが、この時代はOKだった。どの時代かというと、ヒロインがチャップリンの「モダンタイムス」を見に行く場面があったので、1938年、昭和15年のお話のようだ。

   戦前から戦中、戦後を力強く生き抜いた女の一代記という意味では、朝ドラの王道でもあり、ほっとひと安心である。

   なにせ、「半分、青い」は片耳の聴力を失ったヒロインが漫画家になるお話かと思ったら、挫折して百円ショップ勤務、そこで出会った男と結婚、子供ができたと思ったら離婚、実家に帰って親の貯金を巻き上げて五平餅カフェオーナー、娘にフィギュアスケートをやらせるために東京へ(フィギュアのシーンはただの一度もなし)、屋台で五平餅を売りながら、おひとりさまメーカー、最後は親友を東日本大震災で死なせ、そよ風の扇風機開発と、半年かけて何をやりたかったのかさっぱりわからないカオスな世界を提供してくれた。

   アレに比べたらまだましとハードルもMAX低くなっている。

チキンラーメン第1号の登場楽しみ

   今回は、チキンラーメンを開発した安藤百福とその妻のストーリーということで、いちおうモデルがいるから、話がとんでもなくどこかに行ってしまうことはなさそうだ。脚本は「HERO」「ガリレオ」(フジテレビ系)、「龍馬伝」(NHK)の福田靖。1年間の大河ドラマを手掛けているから、半年の朝ドラなどわけない。前作のような、1クール、はたまた2時間ドラマ専門の短距離選手・北川悦吏子にマラソン走らせてしまうような過ちは、2度と繰り返さないでもらいたい。

   朝ドラは東京と大阪が交互に制作していて、今回は大阪制作。この大阪制作は、「マッサン」のニッカ、「朝が来た」の大同生命、「べっぴんさん」のファミリア、「わろてんか」のヨシモトときて、今回の日清食品って、在阪企業の広報ドラマと化しているのは気になる。

   チキンラーメンやカップヌードルがどんな名称で登場するのかも楽しみ。(NHK総合月~土あさ8時)

   (くろうさぎ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中