2018年 10月 23日 (火)

流石の有働由美子もあがっているのか噛みまくる。下手くそ。元NHKを連れてくるより、アナウンサーは自局で育てよ。山中伸弥教授のミーハーぶりは面白かったが
<news zero>(日本テレビ系)

印刷

   鳴り物入りの有働由美子の登場である。最初に焦げ茶色(?)のシンプルなワンピース姿の彼女が前口上を述べ、月曜のサブである櫻井翔を呼んだ。流石の有働もあがっているのか噛みまくる。おたおたしている。言語不明瞭。後の山中教授とのやり取りでは、日ごろ自分だけが喋りまくるNHK時代の癖で、中継の山中伸弥教授の発言とバッティングして何度も何度も会話が被る。下手くそ!
   巷の噂では有働のギャラが何億円もと聞くが、それだけの価値が果たしてあるのか。全国区の元NHKを連れてくるのは民放の怠慢以外の何物でもない。どうして自局で育てないのか、日テレさんよ。女のアナウンサーを頭ではなく顔やスタイルだけで採用するからロクな人間が引っかからないのだ。旧態依然のテレビ界である。
   この日、唯一聴く価値があったのは山中伸弥教授のミーハーぶりだ。最初に「有働さんの初日に出られ嬉しいです」と持ち上げたかと思うと、本庶佑ノーベル賞教授のことを、「何回ノーベル賞をもらってもいいくらいの神様のような人。今回の研究はペニシリンの発見に等しい。総てが厳しいが、ゴルフも上手で、ショットを打ち損じると、わざわざスタート地点に戻って打ち直すほど真面目。でもお茶目なところもあってニコッと笑う」。心酔しているのだろう。
   後の番組でマツコ・デラックスが指摘していたが、画面に円形の顔写真が出て、消えたり出たりして邪魔だった。話に集中できない。(放送2018年10月1日23時~)

 

(黄蘭)

採点:0

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中