2018年 10月 23日 (火)

地方アイドル自殺!所属事務所の目に余る搾取―連日12時間働かせて月給3万5000円

印刷

   愛媛県のご当地アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」のリーダー大本萌景(ほのか)さん(16歳)が3月(2018年)に自殺し、その原因について、遺族はきのう11日(2018年10月)に会見を開き、「パワハラと長時間労働があった」と訴えた。

   遺族は所属事務所の佐々木貴浩社長らに9268万円の賠償金を求めて、松山地裁に提訴した。

「辞めるなら1億円払え」

tv_20181012145419.jpg

   「愛の葉Girls」は2012年12月に結成された愛媛県のご当地アイドルで、「歌って踊って耕す」を売り物にしていた。ステージ活動だけでなく、愛媛の農作物のPRや物販、耕作放棄地を使った農作業を行っていた。

   萌景さんは3年前に研修生となり、16年7月からレギュラーメンバーに昇格し、今年1月にリーダーになった。アイドル活動を続けるため、高校は通信制に入学し、通学は火曜日と日曜日だったが、イベントは日曜日に集中するため、学業との両立が困難になっていた。社長に「アイドルを辞めたい」と申し出ると、「辞めるなら1億円の違約金を払え」と要求されたこという。

   愛の葉Girlsとしての活動は多忙で、早い日は朝4時半に集合、翌日の午前2時までつづくこともあった。週3回のレッスンもあり、拘束時間は平均して1日12時間を超えていたという。

   月給は3万5000円(研修生はなし)と安く、規則に違反すると重いペナルティも課せられた。遅刻や忘れ物をすると1回5000円、禁止されている陰口をすると1~3万円、指定イベント欠席で1カ月の報酬を50%カットだ。

親に不満しゃべっても罰金100万円

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「たとえ本人が望んでやっているとしても、未成年なのだから大人が考えてやらなければいけないのに、未成年者に稼がせている大人がいる。僕が親なら怒鳴りこみます」

   契約には、タレント活動やグループの情報について口外することを厳しく禁じる条項があって、情報漏えいすると50万円から100万円の罰金が貸せられるとされていた。このため、萌景さんは母親や友人に悩みを相談できなかった。

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「報酬3万5000円はありえないですよ。搾取だよ」

   ゲストコメンテーターの菅俊治・弁護士は、「中学生の場合は学校に行く時間と活動を合わせて8時間と決まっています。1日平均12時間は明らかに違法です」と指摘した。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中