2020年 12月 3日 (木)

オセロ世界一に小5の福地啓介くん 最年少記録36年ぶり更新の相手が帰国機の機長だった!

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   先週12日(2018年10月)チェコ・プラハで行われた第42回世界オセロ選手権で、日本の小学5年生福地啓介くん(11)が見事チャンピオンになった。36年ぶりの最年少記録更新は、「オセロ界の藤井聡太」とも呼ばれる。

   最後の相手は、元世界王者、タイのピヤナットさん(28)。福地くんの1勝1分けで臨んだ第3戦。最後に大逆転で王者になった。ピヤナットさんは、「私より先を読んでいた。落ち着きがあって集中力がすごい」とたたえていた。

お母さんに「頭を使うゲームをしなさい」

   始めたのは、幼稚園の年長の時。お母さんに「頭を使うゲームをしなさい」と言われたからだ。「小学生グランプリ2014」で、1年生でいきなり優勝。翌年も連覇したが、3年生では3位、4年生では2位だった。奮起してコンピューターを使った独学で、今年再び優勝。世界大会に臨んだ。

   帰国する全日空機で、意外なアナウンスがあった。谷田邦彦機長が、「オセロ世界選手権のチャンピオンにご利用いただいております。最年少記録11歳という快挙です」と福地くんを紹介したのだが、そのあとがあった。

   「実を申しますと、以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた記録。今回は大変な快挙です」と。機長もかつてチャンピオンだったというのだった。続けて「団体戦、日本は14年連続の優勝。オセロの世界では日本は大変有名です」とやった。機内は拍手で沸き返ったという。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中