2020年 12月 1日 (火)

競馬史上初の珍事 ゴールを間違えて早めにスパート、結局最下位に

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   新潟競馬場で13日(2018年10月)、行われた約1周半のレースで、1周でゴールと勘違いした騎手が早めにスパートをかけ、結局、最下位の12着で終わるという珍しい出来事があった。

   羽鳥慎一キャスター「新潟競馬場で1周半するのは、去年、今年で2回しかない。異例な長さだそうです。あそこ(間違えた地点)で終わるのが多いんですよ」

デビュー後新人最多の7勝を挙げた期待の騎手

tv_20181016123739.jpg

   JRA史上初の珍事というミスを犯したのは、3月にデビューした新人騎手の山田敬士さん(21)。デビュー後新人最多の7勝を挙げていた。新潟6R(ダート2500メートル)で2番人気ペイシャエリートに騎乗した。レースはゴール板の対面にあたる2コーナーすぎの向正面からスタートし、約1周半するコース設定。使用頻度は極めて少なく、2016、17年の秋に2レース、今秋も2レースが予定されているだけだった。

   山田さんは同コースは初めて。1周目の直線入り口から猛然とムチを入れたが、ゴール板通過時にレース終了だと勘違いして馬を減速。その後、ミスに気づきレースに再合流したが、最下位12着に終わった。JRAから騎乗停止処分などの厳罰が下された。

   ジャーナリストの青木理「お金かけた人は腹立たしいでしょうけど、間違いでしょ。そんなに厳しくする必要あるのかという気もします」

   弁護士の菅野朋子「プロはプロですからね。これ、もし許してしまうと、わざとやった場合も見逃してしまうことになりかねない。厳しい処分は仕方ない。資格剥奪とかではないので、今後には期待したい」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中