2019年 5月 26日 (日)

乳がんをこう乗り越えよう! ヒント続々、カギは夫のサポート

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   乳がん患者が40年間で4倍に増えた。今や女性の11人に1人がかかると言われる。一方、最新医療の進歩で早期発見、早期治療をすれば命を落とすことは減った。かつては抗がん剤の影響で子供が産めなくなる心配もあったが、それを回避する新技術も開発されつつある。乗り切ってきた家族に取材した。

   8年前に31歳で左乳房を摘出した御舩(みふね)美絵さんは今、子供を授かっている。乳がんと診断された時は「自分の命を守ることと子供を持つ可能性のどちらを選択するか悩みました」と振り返る。そこで医師に紹介されたのが遺伝子解析という方法だった。

受験生の娘に伝えると、発奮して医師を目指して猛勉強

   摘出したがん組織を解析装置にかけると再発リスクがわかる。御舩さんは6%と出た。この低い確率ならばと、抗がん剤を使わない治療を選び、妊娠することができた。

   遺伝子解析は全国約200の医療機関で扱っているが、研究途上で健康保険が適用されないため、20万円から50万円かかる。御舩さんと違って「再発リスクが高い」と判定されることもある。

   それでも、聖路加国際病院の山内英子医師は「むしろ抗がん剤が効きやすいと考えることができます。データとしてわかったことで、自分らしく乗り越えられた人は数多い」という。

   がんと診断されたら、家族にどう話せばいいのかという問題がすぐに起きる。術後の経過観察期間がつらいとの声も患者や家族からあがる。他のがんは術後5年を経れば再発はぐんと減るが、乳がんの再発は40%が5年目以降だ。それだけ家族にとっても長い闘いとなる。

   受験生の娘にショックを与えたくなくて、なかなか話せなかったが、思い切って伝えると、娘が発奮して医師をめざして勉強するようになったケースもあるそうだ。山内医師は「子の力を信じて伝えることが大切です」と強調する。

妻の判断材料に、治療のメリット・デメリットを書き出した夫

   妻が乳がんになったら、夫はどうするべきか。

   8年前に妻が乳がんと診断された銀行員は、医師の話を聞き、治療法のメリットとデメリットをわかりやすくまとめて妻の判断材料を作った。「会社で仕事をするように情報を分析しました。僕のやれることをまずやりました」と語る。

   夫にやってほしい家事を妻からリストに書いてもらった人もいる。具体的に伝えてもらうことで、お互いにストレスをためずにすむと考えたそうだ。山内医師は「サポート事項の見える化です。言葉に出さないといけません」という。

   そういう夫にNHKが妻から手紙を書いてもらったところ、「共有して生きることが闘病に役立った」「あなたの親切は私のお守りです」といった言葉がある一方で、「告知したばかりの時は一緒に闘おうと涙してくれたのに、このごろはたまに優しい言葉をかけてもらいたい」というものもあった。その夫は「気のゆるみを指摘され、反省しました」。

   では、独身の女性はどうしたらいいのか。

   友達には言えないと悩む人もいる。がん診療連携拠点病院など全国400を超す施設に相談支援センターがある。ステージ1でも無料で相談できる。「診断されたときから相談できるので、ぜひ」と山内医師は薦める。

   もちろん、それ以前に必要なのはがん検診だ。検診自体を怖がって受けない人が今も多い。山内医師は「私も受けてきました。もしがんと診断されても、輝いて生きている人はいっぱいいます」と語る。

   シリコーンの挿入や自分の脂肪を移植する乳房再生の技術も確立され、今は保険も適用される。患者により治療法を選べる時代がきている。「選びながら自分らしく生きることの大切さを感じました」という、取材した鎌倉千秋アナの感想が現状を示している。

   乳房再生の悩みにも「サポートする動きが広がっています」と山内医師は話す。

   ※NHKクローズアップ現代+(2018年10月15日放送「乳がんを乗り越える!」)

   

   文・あっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中